中古車購入の際それぞれのメリット

中古車を購入する場合、どんな店があるでしょうか。



まずはディーラー、大手販売店、町の業者くらいでしょうか。



これらの中で購入する際それぞれにメリット、デメリットがあります。
まずはディーラで購入する場合、価格は一般的に少し高い傾向にあります。


通常ディーラーの場合、下取りの車の中でも売れそうな車を自社の中古車店で販売します。その分掘り出し物は少ないと思ってよいでしょう。ただ、ディーラーの場合試乗車や展示車だった車が売りに出されます、時期は未確定ですが、その分走行距離も少ないよい車です。ほかにもメーカー保障など、ディーラーならではのサービスもあります。

ビックモーターなど全国展開している大手販売店は独自のルートをもっており、様々なよい中古車が販売されます。
その中でも、割と新しい軽自動車が多い感じです。また町の業者は扱っている車は少ないですが、オークション代行のサービスなどしてくれる業者もあります。オークション代行は自分のほしい車があった時に、連絡をもらい購入することが出来ます。
一般的なファミリータイプの車であれば、時期がくれば市場に出てきます。ただ、どうしてもほしいスポーツカーや、すでに生産が中止になっている車など、なかなか個人で購入するには難しいです。
車にこだわっている人は、このサービスを利用しても良いのではないでしょうか。



今では中古車を買うと車検がついていたり、保証も手厚いケースも多くなっています。

それぞれの良さを理解してよい買い物をしたいものです。