中古車購入の際に必要となる費用

中古車を購入する場合、消費税、自動車取得税、自動車重量税、自動車税、自賠責保険料の費用が必要になります。



消費税は、車両本体価格のほかに、オプションや付属品、登録費などの手数料にも課税されます。


自動車取得税は、普通自動車の場合は取得価額の3%で、軽自動車の場合は取得価額の2%が課せられますが、取得価額が50万円以下の場合は免除となり、エコカーを購入した場合は取得価額から減額されます。

@niftyニュースに関する情報収集をサポートします。

また、ビンテージカーなどは、都道府県によっては課税される場合があります。



自動車重量税は、購入する中古車の車両重量によって定められていて、車検が残っている中古車を購入した場合は支払う必要がないのですが、車検切れの中古車を購入した場合は、支払う義務が生じます。

自動車税は、排気量によって課税額が変動し、購入した翌月から次の3月分までを一括で支払う形となり、未経過分には消費税が課せられます。

また、軽自動車の場合は月割計算していないので、年度途中に購入した場合は、翌年からの支払いになります。自賠責保険は、交通事故の被害者救済を目的に作られた強制加入制度で、車検時に次の車検までの期間分を支払うので、車検が残っている中古車を購入した場合は支払う義務はないですが、最近は販売店が前オーナーに未経過分を支払い、その分を自賠責保険未経過相当額として新オーナーに請求するのが一般的となっていて、自賠責保険未経過相当額にも別途消費税がかかります。