自動車ローンを組んで中古車を買う

中古車は新車よりも格安で購入できるということで人気があります。



欧米などと比べるとまだまだ少ないと言われていますが、バブルがはじけて以降、デフレをなかなか脱却できない日本においては、中古車の販売台数はそれ以前と比べて確実に増えています。

ただ、新車よりは安いと言っても、中古車は決して安い買い物ではありません。数十万〜数百万円の買い物となります。

日々の暮らしの中から捻出するということは非常に大変なことです。
そのようなときに便利なのは自動車ローンです。自動車ローンは新車だけでなかう、中古車の購入でも利用することができます。
しかし、ローンを利用する際には、必ずローン審査を受けなければなりません。


ローン審査で最も重要視されるのが、安定した収入があり、支払い能力があるかどうかです。

BIGLOBEニュース関連情報を紹介しています。

支払い能力の有無に関しては、第一に定職についていること、第二に年収などが審査されます。


パートやアルバイトでも利用可能ですが、条件が厳しくなる可能性が高いです。
また、年収に関しては、年収の30%前後がローンの上限となるため必須の科目になります。
一般に年収の3分の1程度がローンの限界とされてます。
消費者金融や信販会社のカードでキャッシングを行う場合は、上限は年収の3分の1までという総量規制があります。



自動車ローンには総量規制はありませんが、この年収の3分の1という金額が日常生活に支障をきたさないで返済できるギリギリのラインと考えられています。